タイ・Krabiに行きました (2)

バンコクを出てクラビへ

8/13、この日はいよいよ今回の目的地であるクラビに移動する日です。飛行機はあらかじめ予約してあり、今度はドンムアン空港からの出発です。タクシーで空港まで向かいます。タクシーの運転手がちょうどその日に子供が生まれたのだと言っていました。おめでたい。

さて、クラビでの予定は事前の計画はほぼありません。昨日食事した現地の友達の人に、おすすめを教えてもらいました。クラビ市街とビーチの町は離れている(10kmくらい)ので、とりあえずビーチまで行ってしまったほうがいいということでした。現地の人がそういうのであれば従わない理由はないので、クラビ空港から市街地は飛ばしてアオナン・ビーチに向かいます。

ついたら、とりあえずビーチまで来てみました。しかし、雨季のせいかちょっと天気が良くない。この後は雨まで降り出しました。日本と違いビーチがごった返していないのがいい。

(編集中)

タイ・Krabiに行きました (1)

2017年の夏の休みに9日ほどタイに行ってきました。前回に引き続き2回目のタイです。同じ国に2回行ったのは実は初めてです。

今回は海に行きたかったので、そのような場所を選びました。前回に行ったときに知り合ったバンコクの女性の方がクラビという場所をお勧めしてくれたので、そこにいくことにしました。相変わらず綿密に計画するのは苦手なので、今回もノープランな旅になりました。

とりあえずバンコク往復のチケットを取り、最初のバンコクでの宿泊2日分だけ予約しました。それと、バンコク-クラビの国内線往復チケットも取りました。とりあえず準備はこれくらい。初日の宿も未定だった前回より大きな進歩です。

バンコクでは現地のクラブに行ってみたかったので、Nanaという歓楽街の近くに宿を取りました。

チケットの予約は遅かったので、行きは直行でなく韓国経由になってしまいました。仁川でトランジット。

出発

今回は初めて関西国際空港から出発です。コード名はKIX。NRTやHNDと比べたら最初は??でした。

仁川着。アカペラのコンサートがあるようで、日本の人が「もののけ姫」を歌っていた。

とりあえず韓国に来たということで、ビビンバでも食べときます。

仁川でトランジットツアーへ

仁川では、トランジットツアーというものがありました。これはトランジットで時間がある人を対象に無料で空港周りのツアーをしてくれるというものでした。無料なのに観光バスで案内までしてくれて、ちょっとした韓国旅行気分でした。さすがハブ空港に力を入れている仁川だと思いました。

韓国の古民家を再現したところ。暑さは日本と変わらず。

伝統的な造りの部屋で、王様の部屋だそうです。韓国ドラマみたいなコスプレ撮影もしてもらいました(笑)。

マーケットへ。結構美味しそうな露店など多かったです。残念ながらウォンを持っていなかったので買えず。。

見た感じ街を走っている車は韓国企業のヒュンダイ自動車とKIA自動車がほとんどでした。そしてなぜか、多くの車がドアのところにスポンジを貼っていました。隣の車の傷防止なのでしょうが何故か結構いい車までが適当なスポンジ。

バンコクへ到着

深夜0時近くにバンコクに到着しました。今回はクラブに行きたかったので繁華街のNana Streetの近くのホテルを予約していました。前回の旅行から1年半ほど、またこの雰囲気に戻ってきたなと言う感じです。

ちょっと疲れていましたが、深夜2時から近くのクラブに向かいます。ネットの記事でちょろっと見ていたLevels Clubというところに行きました。

クラブは京都・大阪などでもたまに行きますが、あまり音楽に詳しいわけではありません。しかし、流れている音楽はちょっと違った感じがしました。

翌日は、夕方に以前に知り合った家族の方と食事に行く予定になっていました。しかしとても暑いわ前日ほぼ徹夜だわで昼近くまで寝ていました(笑)。まあもともと「旅行」というより「バカンス」のつもりでしたのでそれはOKです。

前回でバンコクの主要な観光スポットは行ってしまったのと、スタートも遅くなってしまったので、とりあえず前回連泊していたカオサン通りを再訪してみることにしました。

ここは全然変わらなかったです。まあ1年半しか経っていないので当然かもしれませんが。前回さんざん歩き回ったせいか、今も遠くにある感じがしません。

前回の思い出のゲストハウスもそのまま。

この後は食事に行き、夜はパブでビリヤードなどをしていました。しかし暑い暑い。

次の日は、いよいよクラビに向かいます。

 

VIA ESIに参加しました。

先日、2月6日から15日まで、VIA ESIという海外研修プログラムに参加してきました。ESIはExploring Social Innovationの略で、社会イノベーションに関する学習、ワークショップ、訪問が主でした。VIAは1960年台から活動している非営利団体のようです。今回は、東大のGCLプログラムを通した参加です。

場所は、アメリカ・サンフランシスコです。IT企業やコンピュータ・サイエンスの聖地である、シリコンバレーやスタンフォード大学から程近いアメリカ西海岸の都市です。街でもその匂いは感じられ、ホテルのすぐ近くにTwitterの本社があったりしました。

DSC04208

ホテルはこんなところ。もうすぐ創業100年になる老舗ホテルのようで、内部も歴史が感じられる作りでした。

DSC04778 DSC04772

今回訪問した団体は、次のようなところです。

  • Episcopal Community Services (ホームレスの支援)
  • KIVA (マイクロ・ファンディング)
  • Delancey Street Cafe (元受刑者の支援)
  • Stanford大学 d.school (様々なイノベーションの創出)
  • BAYCAT (映像制作を通じた、経済的に困難な子供の支援)
  • Impact HUB (コ・ワーキング・スペース)
  • Autodesk Gallery (CADで有名なAutodeskのギャラリー)
  • Code for America (公共システムのオープン開発)

また、学習やワークショップの主なトピックは次のようなものでした。

  • アントレプレナーシップ (起業家精神)
  • ストーリー・テリング (自分の体験などを話を通じて人に伝えること)
  • プレゼンテーション
  • デザイン・シンキング (イノベーションのための思考法)
  • エコシステム
  • フィランソロフィ
  • MOOCs (インターネットを通じた授業配信)
  • リフレクション (行ったことの振り返り)

今回の主なテーマは「社会イノベーション」であり、社会問題やそれに対する非営利団体(NPO)の挑戦など、自分がこれまで関心を持ってきたものづくりやITサービスなどとは少し離れた領域でした。それだけに、知らないことが多くあり新鮮でした。以降、今回体験したことや学んだことなどを何回かに分けて書いていこうと思います。

「ポイ捨て」について考えたこと

こちらに来て、結構気になったのが「ポイ捨て」です。とにかく、タバコなどはほとんどの人がポイ捨てします。自然のなかでもポイ捨てします。また、他の研修生もポイ捨てしますし、ちょっとびっくりです。それでも、なぜか街はとても(東京より)綺麗です。掃除も多く、隅々まで行き届いているのだと思いますが、こちらからしてみれば、それなら最初から捨てなければいいじゃんと思ったり。

ヨーロッバはその辺りの意識は高いという印象があったので、これは少し意外でした。それはそれで良いのですが、日本人としては絶対にそのようなことはしたくありません。

とはいえ、ちょっと前まで東京も似たような状況だったかもしれません。これらを見て、いつの間にか東京は意識が高くなったんだなということを感じました。近頃では、街で堂々とポイ捨てする人も見なくなったような気がします。今ポイ捨てをするのはDQNに限ったようなものです。自分も特に「良い子」ではありませんが、それでもポイ捨てをしようなどという発想は自然とわきません。一頃よく見た、ポイ捨て防止のポスターやスローガンすら最近は見なくなってきたような気がします。ところが、こちらのポイ捨てはDQNに限りません。ここまでみんなさらっとやっていると、もはや文化の一部なのかとすら思ってしまいます。

こちらはこちらの文化で良いのですが、東京の良さも少し感じました。

クロアチアの人々について

クロアチアの人たちは、本当に皆さん親切で温かいです。スーパーへ買物へ行った時や大学の受付などで、言葉が通じずに困っていると周りの人ががすかさず助けてくれます。また、とても話好きな人が多いようで、街でもいたるところで立ち話をしている人を見かけます。多くの人が微笑みかけてくれ、とても温かい印象です。

ここOsijekや、Zagreb、Splitなどを見る限り、治安はとても良いようです。そもそも「ヤバそうな」人を街で見かけることがありません。下手をすれば日本より良いかもしれません。新宿のほうがよほど怖いです。これは、正直意外なことでした。東欧といえばルーマニアにおいて、日本人のAIESECからの研修生が殺される事件があったり、歴史的に紛争の絶えない地域でもあることから、もう少し荒んだものを想定していました。

街は、とても綺麗です。清掃が行き届いており、東京よりも綺麗です。建物はとても古めかしい、エレガントな石造りがほとんどです。精緻な作りこみがなされているものも多く見られます。街には、ところどころに内戦の爪痕が見られます。石の壁に、銃弾の後が残っているものがかなりあります。

こちらの皆さんは交通ルールをとても良く守っているようです。一番驚いたことは、信号の無い横断歩道で待っていると、必ずと言っていいほど車が止まってくれることです。東京ではこちらがある程度無理やり進んでいかないと誰も止まってくれないことすらあります。

こちらの皆さんの気性は、曰く、「少し働き、たくさんコーヒーを飲む」だそうです。街にはたくさんのカフェがあり、常に人が談笑をしています。平日の昼間でも人がいっぱい(笑)みたいなことを言っていました。lazy(笑)と言う人も居ました。

Marioさんは、年が上の人ほど内向き志向が強く、コミュニケーションしたがらない人が多いということも言っていました。が、そうした感じを受けたことは今のところありません。これはもしかすると、理由は違えど日本もそうであることから、感じにくいのかもしれません。

こういった中でも、やはり民族の問題はかなり多く残っているということも聞きました。セルビア人を嫌っている人はかなり多いようです。しっかりした教育を受けている若い世代はだいぶ良くなっているといいますが、それでも親が古い考えを植え付けたり、政治家が「戦争を忘れるな」のような宣伝をするといった問題があるようです。実際、あまり好きではない、といっている学生も居ました。

また、「ジプシー」と言われる人々に関する話も聞きました。ジプシーは元はインドの出自で、旅芸人のように各地を転々として生きてきた民族ということです。そのジプシーが、今では国境の問題で移動できなかったり伝統的な習慣で物乞いをするなど現代の文化に合わず、差別などが起きているそうです。また、かつての習慣からか子供を学校に入れたがらないのだそうです。このような、特有の難しい問題も内包しているということを知りました。

Get Together Split!

結構経ってしまいましたが、9月6日〜8日はSplitでのIAESTE Weekendに行ってきました。これは現地IAESTE委員が主催しているもので、近隣で研修中の研修生が集まってきます。

Osijekのバスターミナルから出発。日本の高速バスと大差なく、相変わらず足の置き場がなく寝づらい。ただ、隣の人が居なければ2つ席を使って寝ても怒られないので、それは良いかも。DSC00670

バスはザグレブを経由し、細長いクロアチアに沿って走っていきます。ボスニアを横切れば直線距離は近いですが、どうやらそうした経路はない模様。ハイウエイが無いのか、政治的な理由かは不明。夜が明けると、バスは臨海部を走っていました。このような美しい街がいくつもありました。地形が凹んでいるところに港を抱え込むような形の街がいくつも存在しており、日本の東北地方のようでした。DSC00676

到着。プログラムの開始は夕方ですが、到着は10時ごろだったため、しばらく街を散策することに。そうしたら、同じく早めに到着していた山本さんから連絡があったため、一緒に街を回ることに。

市場。野菜や果物が多く売られていました。虫が多い。山本さんによると、飛んでいる蜂のような虫は刺されると結構ヤバイとか何とか。DSC00683

よくわかりませんが、試食。DSC00686

チクラ、というそう。DSC00688

街のランドマークとも言える大聖堂へ登ります。DSC00698 DSC00701 DSC00702 DSC00704 DSC00715 DSC00716

鐘を鳴らすための機械仕掛。DSC00732

スプリットは、元々あった宮殿の上に、集まってきた人々が家などを築いてできた街だそうです。これはおそらくその正門。土産屋が立ち並んでいました。DSC00740

海の方へ。DSC00743

水が綺麗です。 DSC00746

現地のIAESTEの方がおすすめしてくれたスパゲッティ。DSC00751

夕暮れ。某恩師の方に教えていただいたとおり、山の上に沈む太陽を見ました。DSC00758 DSC00766

「EUROFLEURS」というイベントをやっていました。これは、お題であるこのパイプを使って、2時間でフラワーアートを作りあげるコンテストということでした。DSC00767 DSC00771

プログラムの開始時間が近づいたので、ホステルへ。集まった後、食事+ビールに移動。その後ボウリングへ。ルールやボウリング場の様子はほぼ日本と変わらず。結構日本独特のものだと思っていたので、意外でした。ただそれほど年中やるわけではないとのこと。この後は、クラブへ。

DSC00782

翌日は、ラフティングです。朝はみんな遅く、よく待ちが入るなど、日本の感覚でいうと進行は結構グダグタです。途中、ボスニアで研修中だった木月さんと合流しました。これで日本人は3人になりました。

まずはお昼。DSC00799

準備。DSC00803

残念ながら、ラフティング中はカメラを持っていなかったので、写真はなし。これは終わった後。DSC00814

次に夕食へ。ラフティングの管理事務所?にいたネコ。DSC00822 DSC00838

そしてワンコウ。噛んだり山本さんの服を破いたり、靴を持ってったりとやりたい放題です。悪ガキ。種類は「クロアチアン・シェパード」というらしいです。シェパードなんですね。その割にはシツケが・・・(笑)DSC00858

このようなNiceな車をよく見かけます。DSC00867

夜は海辺でお酒。DSC00885 DSC00889 DSC00895 DSC00897

 

飲み終わったビンなどを置いておくと、いつの間にかなくなっています。これは、ゴミを集めて持って行くとお金を貰える制度があるため、一生懸命に集めている人がいるからです。

翌日はCity Challenge。いくつかのお題をグループでクリアしていきます。この中で、王冠を集めると一個につき+1点というお題があり、外国人3人が必死で落ちている王冠を集めるという、現地の人から見たら何とも奇妙であろう事態になりました。DSC00920

宮殿の正門?の内側で行われていたショー。DSC00936 DSC00954

お昼を食べた後、午後は少し海へいきました。そして、帰りのバスへ。

Good Bye Split!!DSC00982

日本食発見!

先日、スーパー(KONZAM)にて日本食材を発見しました。アジア人もほとんど居ない町なので、正直日本食材は見つからないだろうと思っていたため、少し驚きました。

しかも、特別なコーナーではなく、このような普通のコーナーの中にありました。DSC00649

キッコーマン醤油。このような田舎町にまで届いているのですね。DSC00644

こちらは、「SAITAKU」という、聞きなれない会社。日本の会社かどうかはわかりません。このブランドで、いくつかの日本食材が売られていました。まずはみそ汁。DSC00646

「SUSHI RICE」。寿司と書いてあるもののおそらく普通の米。酢などが予め入っているということはありません。まだ食べていませんが、おそらく日本の米か、それに近いものになっていると思われます。米自体はこちらでもたくさん売っていますが、全て日本のものとは違った細長い外国米です。これは見た目こそ似ているものの、パサパサしていて味は全く日本のものとは異なっています。が、これは唯一の日本の味の可能性が。DSC00647

そしてなんと、日清のカップ焼そばが売っていました!これも驚き。味は、「TERIYAKI」味と「CHILI」味がありました。外国向け製品のようで、日本とは風貌が異なっています。パッケージの表記もいくつかの周辺の言語で書かれていて、「MADE IN EU」となっています。日清はここまでグローバル展開していたのですね。DSC00648

いくつかを購入してきました。寿司が食べてみたいというルームメイトの希望もあり、のりとわさび、そして米を買ってきました。が、寿司はまだどう作ればよいかわからないので、もう少し先になりそうです。とりあえずいつでも買えることはわかったので、ご飯だけは炊いてみようかと思います。DSC00663

日清焼そばを食べます。DSC00988

表記は英語もなし。DSC00989

カップラーメンのようです。DSC00991

完成。味は確かに照り焼きっぽく、日本にある普通のソース味とは少し違いました。が、さすが日清製のためか、日本の味だと思いました。こちらに来てから初の日本食です。DSC00994

大学初日。 9月2日

翌日は月曜日で、大学に行く初日。コンタクト・パーソン(CP)のAnaに道を教えてもらいながら、大学に向かいました。ですが、担当の教授がおらず、この日は別な先生といくらか話した後、すぐに終了になりました。この後は、税務署の手続きやお給料を受け取るための講座の開設などをAnaと一緒に行いました。DSC00561DSC00563

手続きにはパスポート等のコピーが必要ですが、こちらはコピー機はセルフサービスではなく、専門店に行って行うもののようです。町中のあちこちにコピー屋があり、カウンターで担当の人に頼んで行ってもらうという形式でした。コピー屋の店頭には日本の会社のロゴも並んでいました。DSC00564

この町出身の作曲家だそうです。DSC00565

この後、学食にいき昼食を食べました。これがとても面白かったです。こちらで、何故か日本の「サスケ」を、「Ninja Challenge」という名前で放送していました。日本における「X-GAME」などのように、コンテンツは輸入し、それに現地語の実況などをつけて放送しているもののようです。

それにしても、なぜサスケなのか・・・。しかもウェイターさんも結構しっかり見てるし・・・。DSC00566

このような料理を注文しました。学生証があると、格安で食べられるようです。この日はAnaに注文してもらいました。DSC00568

ルームメイト到着。 8月31日

翌日は、もう2人の研修生のルームメイトが到着。オーストリアからのセバスチャンと、ブラジルからのイスラエルです。イスラエルは疲れて休むというので、午後はセバスチャンと町を少し歩くことに。DSC00498

教会に再び。今度は中まで入りました。DSC00499

荘厳な造り。DSC00500DSC00501DSC00503

ステンドグラス。DSC00504DSC00509

教会を出て、川に向かいます。DSC00510

川は、ドラヴァ川と言います。DSC00511DSC00514

セバスチャンと、川に浮かぶレストランで食事。PANという、Osijek産のビールを飲んでみました。味はとてもクリアで、日本のアサヒやキリンのような苦さはありませんでした。DSC00519

鳥。DSC00528

Cevapiというクロアチアの料理を注文しました。DSC00533DSC00534

ドラヴァ川にかかる橋。このあたりのランドマークのようです。DSC00536

川沿いに歩いていると、ところどころに銃弾の跡がある建物がありました。どの時点のものかはわかりませんが、調べてみる必要がありそうです。DSC00540

古い建物。DSC00549

この日の夜は、地元のクラブでイベントがあったので、研修生4人で行ってきました。よくわかりませんが、見よう見まねで楽しんできました。クラブと言っても日本のような危なそうなものではなく、こちらではただ単純に騒いで楽しめるものでした。東京のクラブなんていろいろな意味で怖くて行けませんが、こちらの方がよほど行きやすいです。

ザグレブ出発〜オシエク到着 8月30日

の日は電車で、研修地のOsijek(オシエク)まで移動します。朝、電車は10時発でしたが、少し時間があったためフランスのバックパッカーのアクセルさんとカフェに。DSC00446 DSC00447

アクセルさんとお別れし、電車に。ここで、よくわかりませんがちょうど10Kn(200円)足りないからくれないか?というおじさんに話しかけられたので、とりあえずあげたら、有益な情報を教えてくれました。どうやら、この電車は途中で切り離され、Osijekに行く車両とブダペスト(ハンガリー首都)に行く車両に分割されるということで、Osijekに行くためには後ろ3両に乗っていないとダメとのこと。あまり英語の表示やアナウンスもないため、このおじさんがいなければ危なくブダペストに連れて行かれるところでした。DSC00449

車両は、少なくとも東京近郊では見ないような重厚なもの。DSC00450

 

 

ザグレブを出発。10時よりは少し遅れ?DSC00455

車内販売でポテチ購入。DSC00461

ボックス席のようなところに一人で座っていると、物乞いの親子が来て、「クーナ、クーナ」とせがまれました。どうやら、お母さんと子供と赤ちゃんで、赤ちゃんにあげるミルクがほしいということらしく、よくわからず数Knあげてしまいました。が、後から考えると身なりもそれほど汚くなく、そもそも電車に乗るお金も持っているわけなので、本当に物乞いする程貧乏なのかは謎なところ。

ボックスの前後両側が何故か鏡に。DSC00467

ほとんど見渡すかぎりの畑と草原の中を駆け抜けていきます。DSC00470

途中の駅。電車が発車した後、降り遅れた人がいて、急ブレーキで止まるということがありました。こういう時に止まってくれるというのは、日本じゃあまり考えられませんね。DSC00473 DSC00475 DSC00477

終点のOsijekに到着。この後、現地のIAESTE委員の人に会い、アパートに向かいました。とりあえず荷物を置いたら、委員の人と警察に居住の申請のようなものをしに行ったり、モバイルルータを探すために携帯ショップに行ったりしました。DSC00482

アパートはまあボロく、ところどころ壊れている・・・。翌日に2人の研修生が到着しますが、この日は一人で夜過ごすことになりました。廃墟のようで少し怖い・・・。

とりあえずつかれたのでグダグダしていましたが、あまりに暇だったので夜10時くらいになってそこら辺を少し廻ってみることに。とりあえず最初なので、防犯には用心していました。とは言え、こちらはスーパーなどのお店は夜9時でたいてい閉まってしまいます。日本のコンビニのような存在はこちらには無し。町の中心部まで行くと、マックだけは0時までやっているようだったので、初日の夜はマックに。フィレオフィッシュのセットを注文。それほど、日本と味は変わらず。ポテトはほんの少し違うかも。DSC00483 DSC00485

Osijek中心部にある教会。夜はライトアップされています。こちらでは、いろいろなところでライトアップを重視しているようです。DSC00489